交通事故でも玉突き事故は責任が複雑

一般的に自動車同士の交通事故の場合には、過失の割合に違いはありますが両者ともに責任はあるとされます。しかし追突事故に限っては追突した方が100%の過失があると保険会社で認定されることがほとんどです。
玉突き事故は追突が原因で起こる交通事故なので、追突されてしまった方は追突した方から補償をしてもらうことができます。
ここまではわかりやすい事故の状況なのですが、もしも追突されてしまった自動車が追突の衝撃で前の自動車に追突してしまった場合は責任の所在が変わってきますので、トラブルのもとにもなってしまいます。
なぜなら追突されてしまった自動車が、そのせいで前の自動車にぶつかってしまった場合は、ぶつけてしまった自動車の責任になるからです。つまり最初に追突した自動車は、自分がぶつけた自動車にだけ責任を持つだけでいいのです。
ぶつけられた方としては自分は悪くないのにと思うかもしれませんが、保険会社的には車間距離をとって停まっていれば、ぶつけることはなかったという考え方なのです。
少し理不尽に感じるかもしれませんが、交通事故の中でも玉突き事故の場合は最初にぶつけてしまった人だけでなく、その衝撃で追突しさせてしまった人にも過失があるとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です