葉酸と動物性鉄分

葉酸は2つの種々に分けることができます。

1つはポリグルタミン酸タイプと呼ばれるものであり、自然におけるそのままの葉酸だ。

さらにはモノグルタミン酸タイプ葉酸だ。

ポリグルタミン酸がカラダに入ると酵素の影響でグルタミン酸タイプ葉酸へと改造されます。

つまり、最初からモノグルタミン酸タイプ葉酸を摂取しておけば、酵素の分解を待つまでもなくスムーズに咀嚼させることができます。

吸収のしやすさも段違いです。

モノグルタミンタイプ葉酸の効果はまさに多種多様ですが、主に鉄分、血や乳の収拾をもたらすことが知られています。

鉄分は貧血阻止には最適であり、特に疲労が溜まっている時には是非とも摂取しておきたい成分だ。

授乳の人は鉄分をベビーに与えることになるので、貧血になりやすい状況にあります。

なのでモノグルタミン酸タイプ葉酸を摂取する必要度がより高いと言えます。

栄養の詰まった乳をベビーの送るためにも重要です。

モノグルタミン酸タイプ葉酸はカルシウムとの相性が非常に良いので、サプリで摂取する場合はカルシウムを混合するものがお勧めです。

他にもゴマのセサミンや青魚のDHAなどと同時に摂取すると、相乗効果が期待できます。

動物性鉄分は、厳密にはヘム鉄と呼ばれる栄養分だ。

植物性との違いは、吸収率の充実度によって明瞭です。

動物性鉄分のほうが吸収しやすく、クォリティーと量も安定している結果、丈夫な血には欠かすことができません。

動物性鉄分が豊富な食材としては、豚や牛などのレバーが代表となっています。

レバーを毎日のように食べていれば、動物性鉄分が枯渇する惑いが減りますが、これだけでは栄養バランスが偏ってしまいます。

そのため、緑黄色野菜も一緒に添えて、カラダバランスを整えることが大事です。

次に豊富なのは、レバーと共に体力アップとされる臓物だ。

疲れた時、モツ煮やホルモン焼きなどを食べれば、動物性鉄分を余すことなく会得できます。

当然のことながら、動物性鉄分は菜食だけの食事では摂ることができません。

ベジタリアンであれば、卵や乳製品からも摂取することが可能ですが、厳格なベジタリアンの場合には代わりの献立を捜すために苦労することになります。

一般のヒトであっても、極端な偏食傾向にある場合には、栄養の欠損によって貧血の原因になりかねません。

欠損の観点を解決するためには、サプリも適度に利用しながら、栄養分の枯渇する羽目を防ぐことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です