その足のむずむずはむずむず脚症候群かもしれません。。

むずむず脚症候群というのは、脚の不快な感覚にしたがって、脚をとにかく動かしたいという強烈な欲望を生じさせ、睡眠時にこの障害が強化されるために、入眠障害を引き起こす疾病となります。

神経の疾病とされることと、遺伝あるいは鉄が足りないことが関係していることなどが明らかになっておりますが、未だ原因が突き止められない所も数多く、いまひとつ知れ渡っていない病気の為、むずむず脚症候群と診察されていない表に出ない患者さんが数多くいると予測されています。

むずむず脚症候群かもしれない?と思ったら

「脚の不快な感覚に付随してなかなか眠れない」といった不調はむずむず脚症候群が元になるものの可能性もあります。

むずむず脚症候群は、特徴として脚を動作させると障害が軽減されるということで、このまま様態を見てしまうこともあるそうですが、他の病気との鑑別や、その他の疾病が起因して起こる二次性のむずむず脚症候群など、専門家向けの検査を必須条件とします。

むずむず脚症候群と考えられている症状によって、満足な睡眠がとれず、明るいうちの疲れや気持ちのダウンが見られたり、業務最中に脚を動かさず静かにしていられないすると、平常生活にもトラブルが生じます。

そういう病態の見られる場合はクリニックで診察を受けた方がいいでしょう。

むずむず脚症候群の専門科は、睡眠外来や不眠症のクリニックなど不眠症を手がける神経内科や精神科となるのです。

また、慢性腎不全や鉄欠乏性貧血、パーキンソン病等に結びつけて発現してくることもあるため、こういった疾病の治療して貰っている人は、主治医にカウンセリングしてみましょう。

http://welcome-keirin.jp/